サイト内検索はこちら!

求人登録される方

医院採用担当の方

DHキャリア

ママ衛生士の上手な働き方

WORK STYLE OF MAMA DENTAL HEGIENIST

先輩ママ衛生士の皆さんが、子育てと仕事を両立する上で、最も重要視しているのが「時間の融通が利くかどうか」です。ここでは、常勤と非常勤のそれぞれの特徴をご紹介します。

  1. 歯科衛生士求人のDHキャリア ホーム
  2. ママ衛生士の上手な働き方

知らないと損する?育児・出産でもらえるお金とは?

働き方のスタイル ~常勤と非常勤の違いとは?~

ママ衛生士が育児と仕事を両立する上で最も重要なことは、“時間の融通が利くかどうか”です。ここでは正社員・常勤とパート・アルバイトの働き方の特徴をご紹介します!

雇用形態 正社員/常勤 パート/アルバイト
特徴 妊娠前や子供が大きくなったママに多い働き方 妊娠中や働ける未就学児のママに多い働き方
給与 18~25万円/月 年間130万円未満
有給休暇 医院によって異なる
※本来は労働基準法に従って休養を保障しなければならない
なし
※週30時間以上の勤務の場合はあり
社会保険 歯科医師国保や個人で国民健康保険に加入 週20時間以上の勤務の場合、医院が社会保険に加入)
残業 有り 無し
契約期間 定めなし 基本的に長期雇用

扶養内の働き方 ~扶養内とは?~

年収が130万円未満の方が多い非常勤で働く場合の働き方について、ご紹介します!

扶養内で働くことを考えている方は、自分(扶養される方)の年収が、100万円未満、103万円以下、130万円未満、141万円未満のいずれかによって、自分の納めなければならない税金(住民税・所得税)や社会保険(厚生年金・健康保険料)だけでなく、夫(扶養する方)の支払う所得税(配偶者控除・配偶者特別控除の適用)が異なります。

  妻(扶養される方) 夫(扶養する方)
住民税 所得税 社会保険
(厚生年金・健康保険料)
所得税
100万円未満 支払わない 支払わない 支払わない 控除適用
100~103万円以下 支払う 支払わない 支払わない 控除適用
103万円超~
130万円未満
支払う 支払う 支払わない 特別控除適用
130~141万円未満 支払う 支払う 支払う 特別控除適用
141~万円以上 支払う 支払う 支払う 控除適用なし

106万円の壁

~社会保険(厚生年金保険、健康保険)の適用拡大について~

すでにご存知の方も多いかと思いますが、平成28年10月から次のような要件をすべて満たすと、社会保険に加入する必要があります。
(1) 1週間の所定労働時間が20時間以上
(2) 給与の月額が8万8,000円以上【年収106万円以上】
(3) 勤務期間が1年以上
(4) 学生でないこと
(5) 従業員数が501人以上の企業に勤務していること
※ (5) を満たす歯科医院が少ないため、今回は適応範囲外となりますが、今後、政府が3年以内に検討を加え、(5) の要件は緩和される可能性があります。そのためにも、世帯手取り額が増えるような働き方を選択し、保険料は勤め先と折半で納めることになりますが、厚生年金保険料を納めておけば、老後の年金収入が増えるメリットがありますので、目先の損得勘定ではなく、長期的な視野で働き方の選択を考えるとよいかもしれません。


かんたん、無料! 求人検索

ページの先頭へ